ここいろ歯科クリニック

06-6151-3088
WEB予約 インスタグラム

ここいろ歯科クリニック

MENU

妊娠中の歯科治療

Medical

妊娠中の歯科治療について

妊娠中の歯科治療

妊娠中は歯医者さんへ行く機会が少なくなることが多いと思います。
しかし、急に痛みが出たり、何らかのトラブルで歯医者さんへ行かなければならなくなることもあります。
まず知って頂きたいことは、妊娠中でも歯科治療は出来ます。
また、妊娠中だから気を付けて頂きたいお口のトラブルもあります。それらを知っていただく事で、妊娠中も安心して過ごして頂ければと思います。

妊娠中にかかりやすい歯科疾患

妊娠中にかかりやすい歯科の病気の主なものは、歯周病です。妊娠中はホルモンバランスの乱れから、歯周病が進行しやすくなりがちです。
歯周病はサイレントキラーと呼ばれ、気付かぬうちに進行する病気です。また、歯周病は一度罹患すると治る事はありません。その為、歯周病にならないようにご自宅でのセルフケアと、歯科医院での専門的なケアを定期的に行うことがもっとも大切です。そして、歯周病に気付いたら、いち早く治療を開始し、歯周病がそれ以上進行しないようにする事が必要です。
歯周病は未熟低体重児出産つまり早産の原因にもなりますので、妊娠中でも歯科医院で定期的な検診や、歯周病の治療を行ないましょう。
また、妊娠初期のつわりや、産前産後の生活の変化などで口腔内のケアが不十分になりがちで、それらも歯周病に罹患しやすくしたり、進行を早めたりすることにつながりますので、妊娠中の安定した時期に歯のお掃除を行い、お口の中の状態を整えておくことはとても大切です。

妊娠中の歯科のレントゲン撮影

レントゲンの使用する放射線量

一般的に歯科でレントゲン撮影と言われる物は、パノラマ撮影と言う物にあたります。
上記のデータが示すように、現在使用されているレントゲンの機器は昔に比べて、使用する放射線量が格段に減っています。
その為、どのような患者様にも安心して検査頂けますが、妊娠中などでご不安のある方はデンタル撮影と呼ばれる一部分だけの小さなレントゲン撮影を行うこともできます。
また、歯のお掃除などで撮影の必要性が低い場合などは、撮影を行わずに、治療することも可能です。

妊娠時期ごとの歯科治療の早見表

妊娠時期ごとの歯科治療の早見表

妊娠中に虫歯が見つかったら

もしも妊娠中に虫歯が見つかった場合は、麻酔を使う必要の無い小さな虫歯であれば、すぐに治療を行っても問題はありません。
麻酔を使わなければいけないけれど、それほど大きくない虫歯であれば、治療を行なっても問題はありませんが、ご心配でしたら出産後に治療を始めてもよいと思います。ご自身やおなかの中のお子様の様子を見ながらご判断下さい。
また、虫歯治療を行う場合は、パノラマ撮影かデンタル撮影のどちらかのレントゲン撮影を行う必要があります。

妊娠中に歯が痛くなったら

歯の痛みには主な物が2種類あります。歯そのものが痛むものと、歯茎から痛みが来るものです。
歯そのものが痛む場合は、虫歯などにより神経が痛みを感じていますので、それらの処置を行わなければいけません。
どちらかと言えば緊急を要しますので、妊娠中であっても治療を行う必要があります。その場合はレントゲン撮影を行い、麻酔を使用して治療していきます。
また、その場合はかかりつけの産婦人科と相談を行ったり、状態によっては大学病院をご紹介させていただく事もあります。
歯茎から来る痛みの場合は、歯茎が炎症を起こしたことによる痛みの場合が多いです。その場合は、基本的には麻酔を使わずに、歯の掃除や消毒を行う等して炎症を抑える治療を行います。

妊娠中&出産後のお口のセルフケア

  • つわりの時 つわりで吐いた後などは、お口の中が胃酸で酸性に傾いています。お口の中が酸性だと酸によって歯が溶かされ、虫歯のリスクが高くなります。しっかりと水でうがいを行い、胃酸を洗い流しましょう。また、うがいのあとすぐに歯磨きをするのではなく、30分ほどあけてから行って下さい。
  • 食べづわりの場合は間食が多くなると思いますが、食べ物を食べることによってもお口の中は酸性に傾きます。食べたあとはこまめに水でうがいを行いましょう。
  • 食後に歯磨きが出来ない場合は、食後にかかわらず、1日の中で出来る時に行いましょう。食べかすなどはある程度は唾液や物を食べることで落とされますがプラークと呼ばれる細菌の塊は歯磨きでなければ落ちません。大切なのはプラークを取り除く事です。

猫イラスト

出産後は、保育士による無料託児サービスなどがありますので、お気軽にご利用下さい。